様々な方法

様々な手段や方法がある

学生は、就職活動を行い内々定を頂くことにより、入社するまでの期間は学生生活を有意義に過ごすことが出来ます。早く内々定を頂くことが出来れば、その分長い期間有意義に過ごすことが出来ますが、あまりにも長い期間ですと内々定を頂いた会社に不安を感じたり、他の会社の選考に参加したりなどする場合があります。 そのような状況を少しでも避けるためには、内定者フォローをしていく必要がありますが、内定者フォローも様々な形があります。内定者フォローは、随時連絡をしたり入社までに課題を出されたりすることがありまして、場合によっては入社前から研修が行われるなどがありまして、会社ごとに内定者に対して様々なフォローが行われています。

会社によって異なる費用

内定者フォローは、内定者に対して教材を送ったり懇親会などを行われる場合がありますが、相場は会社によって大きく異なりますが、一人当たり五十万相当掛かります。内定者フォローをあまりしていない会社もありますが、ほとんどの会社では行われていることであり、内定者が辞退しないようにするために必要なことです。 相場は会社にとっては大きなリスクを背負うことになりますが、そのリスクは今後の新入社員を期待して行われることでありまして、多くの会社は内定者フォローに投資されています。今後もこの相場はあまり変わることはありませんが、採用選考の期間が変わることで、今後この相場が下がる可能性は十分にありますが、その分選考も慎重にならなければならないです。